檀香梅と紫


【檀香梅 ダンコウバイ Lindera obtusiloba Blume 】

昨日は山で春の陽気を感じてきました。
最近は特に暖かいですよね。なんでも最高気温25℃を超える夏日を迎えたのだとかなんとかで。
少し前の肌寒さがウソのようです。

草木も遅れてきた春を大いに歓迎したようで、
鮮やかな花をつけているものもありました。

中でも黄色の花は目立ちます。こちらはダンコウバイ。



花序柄が無いので、枝から直接花が出ているように見えます。
1つの花芽から無数の黄色い花をつける散形花序。

あっ虫も来ていますね!

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 樹木・花木
ジャンル : 趣味・実用

葛花の香



クズ
Pueraria montana


クズの花が咲き誇っていました。
クズはマメ科の多年草です。
日の当たる林縁や斜面に生えているのをよく見かけますよ。
年を経て木質化、肥大したクズの根は食用や薬用として利用されることもあります。

漢字では葛(クズ)と書くのですが、
葛切り、葛餅、葛湯に葛根湯(かっこんとう)なんて名前を皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか?

身近な植物ですが、それだけに利用法も様々なんです。


おっとと、今回はクズの花の話をするんでした!

クズの花について私がお伝えしたいことは1つ。

実はこの花…


「ファンタグレープの香り」がするんです!!


いや、嘘じゃないですよ(笑)
実際に嗅いでみてください。とても甘い、かつフルーティな香りがするハズです。

クズはマルカメムシのホストであったり、
世界の侵略的外来種ワースト100にノミネートされていたり(北アメリカ等で猛威を振るっています)と悪名ばかりを聞いていたので
私自身は好きでもなんでもない植物だったのですが、実はこの花の香りを嗅いだ時から結構好きな植物になりました。

クズノチビタマムシとかもいますしね。

クズが苦手、嫌いという方は一度花の匂いを嗅いでやってください。
きっとクズの新たな一面を知ることが出来るでしょう。

話のネタにもなりますよ!


…なりませんか(-_-;)


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

鬼百合の咲く季節



オニユリ Lilium lancifolium

那須塩原の片田舎、田園風景の中で出会いました。

草丈1~2mにもなる大型のユリ。
花期は7月~8月とまさに真夏に咲く花です。



大きく反り返った橙色の花弁に、散りばめられた黒点…

夏に相応しい、太陽のような熱量を感じます。


昨日、関東地方は平年より7日、昨年より18日も遅い梅雨明けを迎えましたね。
今年は本当に梅雨が長かった…。

その分、真夏の花「オニユリ」と出会えた嬉しさも一入というものです。
待ち望んだ夏本番がやって来たんですから。

まるでオニユリも梅雨明け待っていたかのような開花でした。



オニユリの近縁種には「コオニユリ」と言うよく似た花がありますが、両者の違いは明確で、それは「ムカゴ」の有無。

オニユリは葉の基部に、葉が肉質化したムカゴ(鱗芽)を付けることが特徴です。

ちなみに、地上部にムカゴを付けるユリは国産種ではオニユリのみだそうです。
※オニユリを中国由来の渡来種とする説もあります

オニユリは種を作りませんが、代わりに切り離されたムカゴが新たな植物体になるんですよ。


珍しい花ではありませんけど、出会えたら嬉しくなっちゃいますね!
私の中ではそんな花です。

あなたのために役立ちたい。



イヌタデ Persicaria longiseta

犬蓼。タデ科イヌタデ属の草本です。
畑や野原などでよく見かけますね。

イヌタデは4月から11月ごろ、春から秋にかけて1~5cmくらいの花穂をつけます。

この花には花弁はなく、雌しべと雄しべは4裂か5裂した紅色または白色の萼片で覆われているのですが、
開花後も萼片は残り、赤褐色となって蕾のような形で実を包みます。

写真にある蕾のようなものも、実を包んだ萼なんですよ。



こちらの写真の中で、白っぽいものが開いている花になります。

さて、記事タイトルですが、実はイヌタデの花言葉。
「あなたのお役に立ちたい、あなたのために役立ちたい」


かなり切実な思いが込められております。

と言うのも、植物に詳しい方ならピンと来られたと思うのですが、
名前に「イヌ(犬)」とつく植物は、利用方法が無く、役に立たないものが多いのです。

イヌタデも例に漏れず、
薬味として利用される「ヤナギタデ Persicaria hydropiper」に対して、
葉に辛みが無くて役に立たないことから「イヌ」の名を貰ってしまったようですね。

それにこの花言葉はちょっと可哀想な気もしますけど…。


とは言え、美しい花穂をつける本種です。
絵や写真の題材として、皆さんもぜひ役立ててあげてください。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

川辺を歩いて



ああ、青いアマガエルに出逢いたい…

今日はウナギ釣りのポイント探しを兼ねて、近所の川に沿ってウォーキングをしてきました。

ふと見ると、葛の葉っぱの上で無数のアマガエルたちが休んでいます。


そのとき頭に浮かんだのは、
Twitterのタイムラインを流れる「青いアマガエルを見つけた!」という呟きの数々…


青色アマガエルはアザンティック(黄色色素欠乏)という変異を起こした個体で、
約1万分の1の確率で発生するという話を聞きます。

「みんな見つけてるし、何だか見つかりそうな気がする(気のせい)」

ちょっと探してみました(笑)



もちろん見つからない

100個体ほど確認して、探すのを止めました。

うん、こういうのは巡り合わせなんだ。
巷で流行っているソシャゲガチャみたいなものなんだ。


かく言う私も初めて出会った蛇が「シロダイショウ(アオダイショウのアルビノ個体)」というSSR級のレアケースでしたが、その後の蛇ガチャ運はそんなに良くないのでした。

青いアマガエル…人生で一度は出会えるといいなぁ。



ネムノキ(合歓木)

川の土手によくあるネムノキですが、花が咲いていました。
淡紅色の長い雄しべが特徴的なマメ科の木本です。


続きを読む

プロフィール

TSK

Author:TSK
生まれついての石好きですが、
学生時代に植物、爬虫類、両生類、昆虫への興味が開花

本ブログでは主にそれらの話題を書いていくのかも?

ボールパイソンの「レッちゃん(レッサー・♀)」「モーくん(ハイポモハべ・♂)」を飼っている他、
マウスの繁殖、オオクワガタのブリードにも手を出してます

その他趣味は野草料理に薫製!
ゲテ食いも大得意
離島・沖縄大好き人間であります

当ブログはリンクフリーです!
相互リンク希望はコメント下さいませ

※誤同定等ご教授頂けましたら幸いです

Youtubeチャンネル開設しました!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる