ガロアムシ動画



2か月に一度くらいは生存報告しないと(^▽^;)

ガロアムシです。
依然、変化なく過ごしております。
冷蔵庫の中でワラジムシと仲良く生活中...笑
やはり食べません。

こいつにこそツルグレン装置で採集できるような微小昆虫を与えるべきなのかも知れんね。



今日は動画を撮ってみました。
「ガロアムシってこんな風に動くんだ!」というのを感じて頂けましたら幸いです。

隙間が好きなんだろうな~。

スポンサーサイト

ガロアムシ続・近況



これ、もしかして食べてる?

前回(2か月半前)は消化管に内容物が無い無いと騒いでおりましたが、
採集時に比べるとお腹は明らかに膨れているんですよ。

食べないと萎みますよね、一般常識的に考えて。

果たしてガロアムシが常識の通じる相手かどうかは定かではありませんけれども(;^ω^)

この前、自宅にやって来たマニアックな友人に相談してみたのですが、
「腹が膨れているから良いんじゃない?」と鶴の一声がありました。
うん、そういうことにしよう!!(爆)

ちなみに前回から、

・冷凍アカミミズ 
・ミルワーム   
・イエコS     
・ザリガニの餌
・腐ったリンゴ
・レッドローチ
・ミミズ

などなどの餌を試してみましたが、
結局、消化管状態の変化は確認出来ませんでした。
実はワラジムシが未だに同居しているので、
餌が減っていてもガロアムシが食べているんだかワラジムシが食べているんだか…。
ワラジ幼虫を食べている可能性もあるので迂闊に隔離出来ないし…
これは難しいね。

消化管が脂肪に覆われたことで、そもそも内容物が見えなくなったという可能性も考えています。
じゃあ糞探せよって話なんですけど、床材が土なのでよく分からないのです(;_;)
いっそキッチンペーパーを床材にすれば糞を見つけやすくなるとは思いますが、
せっかく安定?している生体に環境変化ストレスを与えたくないし、悩みどころであります。


とりあえず飼育開始から早6ヵ月と26日が経過しました。

無事に長期飼育することはできるかTSK!!
挑戦は続く...


ガロアムシ近況



久しぶりのガロアムシ記事

消化管に内容物が見られない状態です。餌を食べていない?
見た感じお腹は膨れているんですけどね。

ワラジムシやコオロギを含めた活餌、ドッグフード等もトライしていたのですが、
実は2カ月ほどこの状態が続いています。

そろそろオーソドックスに冷凍アカミミズを与えようかな。
とりあえず何か食わせてやりたいところ。
明日...は無理なので、土曜日に釣具屋に行きますか。

また、大きい方のガロちゃん1号には脱走されてしまいました(´・ω・`)

冷蔵庫の中で行方不明です。冷風口?から逃げられた可能性大。
内部機械のどこかに嵌まっている気がします...。ウワー!

タッパーの蓋の閉めミスには気を付けなければ。
蓋が冷気で変形?することがあるらしく隙間が出来てしまったようです。
きちんと閉めれば無問題だったのに。反省。

続きを読む

ガロアムシ飼育始めました



鉛沢で採集したガロアムシを飼育してみます!


まずガロアムシとは何ぞやという方に...

ガロアムシ目(非翅目)に属する昆虫。
ガロアムシ目は1914年に名付られた“ばかりの”カカトアルキ目に次いで新しい昆虫の分類群です。
長い昆虫分類の歴史から考えると約100年前に見つかったガロアムシなどは最近の昆虫ということなのでしょう。

では何故、それまでガロアムシの存在が知られていなかったのかと言うと…

本種の仲間は主に洞窟や山地の地中、石の下などで生息していることから、
生態を知らなければ見つけることが難しい種類なんです。
そのため発見が遅れていたのだと思います。

ちなみに世界で最初にガロアムシが発見された場所は日光の中禅寺湖。
今回、栃木に縁のある昆虫を栃木で採集することが出来ました。
これも巡り合わせというものなのかな?
せっかくなので飼育してみることにしました。
(飼育せよというお告げが聞こえる…)

その姿は「シロアリの化け物」とも形容されるガロアムシですが、
不完全変態昆虫としては原始的な姿を留めていると言われています。

また非翅目の名前通り、成虫になっても外見はほぼ変わらず翅が生えないことも特徴です。
幼虫は成虫に近づくにつれて体色が濃くなっていくのですが、
孵化時から成虫になるまでに5~7年もの期間を要する長命な昆虫でもあります。



実は私、ガロアムシの成虫を見たことが無いんですよね。
出来れば成虫まで育て上げてみたいという野望もあったりなかったり。

本種は初めての飼育になるので不安もありますけど、
とりあえずは気長にやってみたいと思います。

※友人が飼育しているのを見ていたことはありました



こちらが現在の飼育セット。

100均タッパーにクワガタ用マットと近所で拾った落ち葉を入れました。
ま、有り合わせですね(笑)
もちろんタッパーの蓋には空気穴を開けていますよ。

ガロアムシは高温に弱いので、このセットを冷蔵庫(うちの環境だと5~10℃)に入れて飼育します。
大丈夫、冷蔵庫に入れても死にません。
冷凍庫だと流石に死にます。多分。


また本種は動物食(肉食)です。
立派な顎で獲物を捕食するぞ!
試しに噛ませたけど痛くなかった

とりあえず餌として乾燥イトミミズとミールワームを用意してみました。
聞けば冷凍アカムシを好むらしいのですが他の人と同じやり方で飼育をしてもツマラナイので、
私は色んな餌を試してみようと思ってます。

2個体(両方♂)をそれぞれ別々の容器・餌で飼育を始めました。



ガロちゃん1号(尾角欠け・大きい方)にはミールワームを給餌。
さぁ食べるかな?


続きを読む

プロフィール

TSK

Author:TSK
生まれついての石好きですが、
学生時代に植物、爬虫類、両生類、昆虫への興味が開花

本ブログでは主にそれらの話題を書いていくのかも?

ボールパイソンの「レッちゃん(レッサー・♀)」「モーくん(ハイポモハべ・♂)」を飼っている他、
マウスの繁殖、オオクワガタのブリードにも手を出してます

その他趣味は野草料理に薫製!
ゲテ食いも大得意
離島・沖縄大好き人間であります

当ブログはリンクフリーです!
相互リンク希望はコメント下さいませ

※誤同定等ご教授頂けましたら幸いです

Youtubeチャンネル開設しました!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる