ヤエマルマットに菌糸が…



菌糸がびっしり

柔らかく詰めたマットで菌糸が蔓延ってしまいました。
あと、菌糸の影響かはどうかは分かりませんが、マットの水分が随分と無くなっていました。
単に柔らかく詰めたせいもあるだろうね。

菌糸の方は正直あっても問題ない気はするのですが、
水分が少なくてカラカラ気味なのは流石に不味そう。
という訳でマットを加水して詰め直しました。



うん、これくらいでいいかな。
でも久しぶりにチェックしたら乾燥していたので焦りましたよ(;^ω^)
タイベスト紙(水を通さず、空気を通す)を挟んでいても油断できませんね。


続きを読む

スポンサーサイト

ヤエマルマット交換



~マット交換回~

11月に組んだヤエヤママルバネの産卵床兼幼虫飼育マットを割り出して交換しました!

幼虫の状況が気になって2月に割り出したときには軽く100頭以上の幼虫を確認出来たんですけど、
その後はどうなっているんだろう?

数は減ってないかな?なーんてドキドキしながら飼育容器を傾けると…


ポロポロと幼虫が転げ出た!(上写真)


前回、マットを柔らかく詰め直していたので簡単に幼虫を割り出すことが出来ました。
硬く詰めてると割り出すときに勢い余って潰しちゃうこともあるからね(下手)

しかしデカくなってるなぁ。
前回よりも多くの幼虫が3齢になっていました。
500円玉以上のサイズにまで成長した個体も確認!
成長速度が確実に上がっています。
これはマットを柔らかくしてあげた影響もあるのかも知れない。
だとしたらちょっと嬉しいな。


で、割り出した幼虫は新しいマットに移し替えるんですけど、
その際にやっと幼虫数をカウントしてみたので報告しますね!



※続きはちょっと閲覧注意?(幼虫苦手な方)


その数なんと…




続きを読む

ヤエマルマット作り



ヤエヤママルバネの幼虫が大きくなってきたので、
幼虫の餌となるマットを準備しました!

今回は某きのこ園さんの「完熟マット」を70L用意!

ただ、そのままだと割と大きな木片が含まれているため、マルバネの幼虫には向いてないみたいです。
まずは篩に掛けて木片を取り除いてやりましょう。

↑写真が篩掛け前のマット。



after

篩に掛けると、これだけの木片が現れました。
このような木片はマット全体の10~20%程あるのかな。

70Lのマットすべてを篩掛けしたところ、約14Lの木片が回収できました。
ありゃ、意外と多いですね。
木片はガチガチに固いので、幼虫の餌としてはあまり良くないでしょう。

しかし捨てるのも勿体無いですし、後でミキサーにかけて再利用することにします。

ちなみに篩掛けにかかった時間は約2時間。
コツを覚えたらペースアップできましたけど、地味に腕への負担がキツいです。
特に私は手首弱いから...笑


これから木片を取り除いたことでふわふわになったマットに加水していきます!


続きを読む

マットの固さと成長



ヤエヤママルバネのマットを割り出しました!

私は衣装ケースに約4Lのマットを入れて産卵からそのまま放置しているのですが、
どうも底から見える幼虫の成長が遅い気がする…

産卵マットは特に詰めたりしていないのですが、
マルバネの雌は自分でマットを固めてから産卵する性質があるようでして、
底の方は割と固めに詰まっていたのでした。

調べてみると、マットが固く詰まっていると成長が遅れるとの情報もあり…

状況確認のため一度割り出してみることにしよう。

上写真がマットの底の方にいた幼虫たち。
2齢初期って感じ。
軽く100頭を超えていましたよ。
※数えるのが大変過ぎたので正確な頭数は不明



それでこちらが上の方の幼虫です。
2齢後期~3齢初期かな。

やはり傾向としては、
マットの表面に近い(マットが柔らかい)部分の幼虫ほど成長が早いことが分かりました。
なるほどね~。



お顔アップ。

割り出したマットは再び衣装ケースにふんわりと敷いてやりました。
思っていた以上に幼虫の数が多く、かなりの作業量となってしまいましたが、(夜にやるのキツイ)
とりあえず成長を確認出来て良かったです。

何とか今年中に羽化させてみたいと思っています。


ヤエマル温度管理



ヤエヤママルバネ成長中...

こいつは2令になったばかりかな?頭が白っぽい。
孵化当初はなかなかマットを食べている雰囲気が無くて心配していたのですが、
幼虫を掘り出して見た限り無事に食べてくれているようです。

って、右側に無精卵あるじゃん!
孵化しなかった卵も原型を留めているとはちょっと驚きΣ(・□・;)
すぐに腐って分解されるものかと...

あれ?もしかして温度低かった?



「16.8℃」


20℃前後に維持していたつもりが、思っていたより押入れの温度が低かったのでした。
最近は外も冷え込んでたからなぁ。

真冬の西表島並みの温度です☜
これじゃあ幼虫の成長も遅い訳だわ。

23℃くらいまで上げてみましょう。3月にはかなり大きくなっているはず。
その頃に産卵マットを割り出してみたいと思います。

※あ、表面に菌糸が張ってる!まぁ問題ないかな??


テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

プロフィール

TSK

Author:TSK
生まれついての石好きですが、
学生時代に植物、爬虫類、両生類、昆虫への興味が開花

本ブログでは主にそれらの話題を書いていくのかも?

ボールパイソンの「レッちゃん(レッサー・♀)」「モーくん(ハイポモハべ・♂)」を飼っている他、
マウスの繁殖、オオクワガタのブリードにも手を出してます

その他趣味は野草料理に薫製!
ゲテ食いも大得意
離島・沖縄大好き人間であります

当ブログはリンクフリーです!
相互リンク希望はコメント下さいませ

※誤同定等ご教授頂けましたら幸いです

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる