タガメが飛んできた!



タガメ

Lethocerus deyrollei

昨夜、野球をしていたところナイター照明に導かれてか、
珍しくタガメが飛来してきました。

しかもちょうど私に突っ込んできたのです(笑)
ほら、野球のユニフォームパンツって白いですから、
ライトトラップでいう白幕みたいな働きをしていたのでしょう。

タガメには正の走行性(光に寄ってくる習性)があるので、
このように夜間に灯火採集することも可能なんです。

普段は水生昆虫を採集しない私ですが、
今回は縁を感じたので持ち帰って飼育してみることにしました。



とりあえずプラケに飼育環境を作ってみました。
餌は小金です。

しかし捕食体勢をとらないので、あまり食欲は無いご様子。
今はお腹がいっぱいなのかな。


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ガロアムシ続・近況



これ、もしかして食べてる?

前回(2か月半前)は消化管に内容物が無い無いと騒いでおりましたが、
採集時に比べるとお腹は明らかに膨れているんですよ。

食べないと萎みますよね、一般常識的に考えて。

果たしてガロアムシが常識の通じる相手かどうかは定かではありませんけれども(;^ω^)

この前、自宅にやって来たマニアックな友人に相談してみたのですが、
「腹が膨れているから良いんじゃない?」と鶴の一声がありました。
うん、そういうことにしよう!!(爆)

ちなみに前回から、

・冷凍アカミミズ 
・ミルワーム   
・イエコS     
・ザリガニの餌
・腐ったリンゴ
・レッドローチ
・ミミズ

などなどの餌を試してみましたが、
結局、消化管状態の変化は確認出来ませんでした。
実はワラジムシが未だに同居しているので、
餌が減っていてもガロアムシが食べているんだかワラジムシが食べているんだか…。
ワラジ幼虫を食べている可能性もあるので迂闊に隔離出来ないし…
これは難しいね。

消化管が脂肪に覆われたことで、そもそも内容物が見えなくなったという可能性も考えています。
じゃあ糞探せよって話なんですけど、床材が土なのでよく分からないのです(;_;)
いっそキッチンペーパーを床材にすれば糞を見つけやすくなるとは思いますが、
せっかく安定?している生体に環境変化ストレスを与えたくないし、悩みどころであります。


とりあえず飼育開始から早6ヵ月と26日が経過しました。

無事に長期飼育することはできるかTSK!!
挑戦は続く...


青いアメリカザリガニの脱皮とその後



脱皮しました!!

前回の記事

青いアメリカザリガニが脱皮していました。
って北海道遠征前の出来事だったんですけどね(^o^;)

思っていたより随分早く脱皮してくれましたこと。
心の準備が全く出来ていませんでしたよ~。

え、何の話かですって?




脱皮後の体色がどうなるのか…
青いままなのか、それとも赤くなるのか…

めっちゃ気になっていたんですよ。
私は生息地の状況から、この個体は色彩変異で脱皮後も青いままだと予想していました。

もし予想がハズレてたら恥ずかしい…(*ノ▽ノ)

結果を見るのに割と勇気が必要だったのは内緒です(笑)


古い殻を脱ぎ捨てたヤツ(青ザリ)は隠れ家の中に居ました。
意を決して引きずり出してみると……


その色は…






続きを読む

青いアメリカザリガニの集団



★青いアメリカザリガニ

皆さんは見たことがありますでしょうか?
水族館などでも度々展示されることがある「青いアメリカザリガニ」......

私はこの度、青いアメリカザリガニの集団(個体群)を見つけました。



普通はこのように赤い色のアメリカザリガニですが、
ある条件下で青色になることが知られています。

①色彩変異
②植物由来の色素不足

①は遺伝子の変異で青くなってしまったパターン。
ザリガニの色彩変異については私は全く詳しくないのですが、
色素合成異常によって、赤色色素が合成できずに青色カロチノプロテインの色に染まったり、
色素欠乏によってザリガニの血の色である青色に見えるタイプなどがあるそうですね。

②の方は「青いザリガニの作り方」として有名です。

アメリカザリガニの殻の赤色は、植物の赤系色素「カロテン」をもとに合成される
「アスタキサンチン」という赤色色素に由来しています。
すなわち植物餌を与えずに、カロテンを含まない「サバ」「アジ」などを与え続けると
殻の色が脱皮する度に他の色素由来の青色に変化してくのだとか。

さて、私が見つけた個体群は①、②どちらの要因による青色なのでしょうか。


続きを読む

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ヤエマルマットに菌糸が…



菌糸がびっしり

柔らかく詰めたマットで菌糸が蔓延ってしまいました。
あと、菌糸の影響かはどうかは分かりませんが、マットの水分が随分と無くなっていました。
単に柔らかく詰めたせいもあるだろうね。

菌糸の方は正直あっても問題ない気はするのですが、
水分が少なくてカラカラ気味なのは流石に不味そう。
という訳でマットを加水して詰め直しました。



うん、これくらいでいいかな。
でも久しぶりにチェックしたら乾燥していたので焦りましたよ(;^ω^)
タイベスト紙(水を通さず、空気を通す)を挟んでいても油断できませんね。


続きを読む

プロフィール

TSK

Author:TSK
生まれついての石好きですが、
学生時代に植物、爬虫類、両生類、昆虫への興味が開花

本ブログでは主にそれらの話題を書いていくのかも?

ボールパイソンの「レッちゃん(レッサー・♀)」「モーくん(ハイポモハべ・♂)」を飼っている他、
マウスの繁殖、オオクワガタのブリードにも手を出してます

その他趣味は野草料理に薫製!
ゲテ食いも大得意
離島・沖縄大好き人間であります

当ブログはリンクフリーです!
相互リンク希望はコメント下さいませ

※誤同定等ご教授頂けましたら幸いです

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる