再生尾は何処まで伸びる?



手に乗っけてみると実に可愛らしいサイズ

ホオグロヤモリって、
ニホンヤモリやミナミヤモリ系の連中に比べると小さい個体が多いですよね。
迫力を感じるサイズの個体を今まで見たことがありません。

ミナミ系に比べると、ホオグロはより民家の近くに生息しているので、
灯火などから餌を確保しやすい生態であると思うのですが、
なんでミナミより小さいのでしょう?
ちょっとした疑問です。

まぁ種類的に上限サイズが小さいからなんでしょうけどね。
それでも今の状況が何十年、何百年と続いていけば、
餌を入手しやすいホオグロの方が大きくなったりしないかな...なんて。

しかし残念ながら肝心の灯火が虫の集客が悪いLEDに切り替わりつつありますので、
ホオグロ巨大化の夢は儚く散るのみでしょう。
科学技術の進歩を恨めよヤモちゃん。



再生尾は元と同じ太さにまで成長しました。
後はどれだけ伸びるのか。しっかり見届けてやりましょう。
体も大きくしてやらないとね。

目指せ特大ホオグロヤモリ!


スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

プロフィール

TSK

Author:TSK
生まれついての石好きですが、
学生時代に植物、爬虫類、両生類、昆虫への興味が開花

本ブログでは主にそれらの話題を書いていくのかも?

ボールパイソンの「レッちゃん(レッサー・♀)」「モーくん(ハイポモハべ・♂)」を飼っている他、
マウスの繁殖、オオクワガタのブリードにも手を出してます

その他趣味は野草料理に薫製!
ゲテ食いも大得意
離島・沖縄大好き人間であります

当ブログはリンクフリーです!
相互リンク希望はコメント下さいませ

※誤同定等ご教授頂けましたら幸いです

Youtubeチャンネル開設しました!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる