クロサンショウウオの卵嚢


【奥日光の森にて】
謎の白い物体の正体とは……

はい、記事タイトル通り「クロサンショウウオの卵嚢」です...笑

先々週あたりから産卵が始まったという情報を頂いて、昨晩、奥日光の森で観察してきました。


【クロサンショウウオの卵嚢】

あっぷ。
このように白濁した卵嚢はクロサンショウウオに特徴的なもの。

他の国産サンショウウオの卵嚢は白濁しません。
→参考記事「トウキョウサンショウウオの卵嚢」

一方で透明なタイプもあるようで、そちらは山地や特に北陸地方で多く観察できるのだとか。
いつか見てみたいものです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

キタキツネを追って

P4293785as.jpg
【キタキツネの足跡】
キタキツネ...可愛いよね...

という訳で(?)、北海道にてキタキツネを追いかけてきました!!

私とキタキツネの初遭遇は小樽市の山中。
ヒグマの爪痕を観察していたところをキタキツネにこっそり覗かれていたのです。

観察しようとする対象に先に観察されてしまうとは一生の不覚...(苦笑)


そのときは距離が80m程度離れていたのですが、
カメラを構える前に視線に感づかれたのか逃げられてしまいました。

うーん悔しい!
しかし転んでもただじゃあ起きないのがTSK!
先ほどまでキタキツネがいた場所を調べてみると、雪上に残された可愛い足跡を発見です。(上写真)


さぁ、これから少しずつキタキツネへと近づいていきましょう。


続きを読む

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

マウスの奇形



足の奇形個体が無事に大きくなっています。

約1年前の記事でも同様の奇形個体を取り上げていましたが、そちらは残念ながらすぐに死んでしまっていました。
マウス社会では弱い個体がイジメられるので、それが直接の原因なのかな?と思っていたり。

2個体目である今回は他にオス個体のいないケージで管理することにしたのでイジメられていません。
いじめっ子のいない環境が良い結果に繋がっているのかも知れませんね。

良かった良かった~と奇形マウスを見守っていたところ、一つ気になる動作を観察しました。



顔を掻こうとしています。

このタイプの奇形だと、顔を後ろ足で掻くことは不可能なようですが、
どういう訳か顔を掻く動作をします。意味が無い動作をなぜするんでしょう…?

つまるところ、この動作は本能的(生得的)な行動なのでしょうね。
分からないことがあると首をかしげるようなものです...って例えが分かりにくいかも(笑)

首をかしげる動作は視点を変えることでより多くの情報を得るための行動でして、
犬や鳥、さらには人でも見られる本能的なもの、ということはご存じでしょうか?
お子さんがいらっしゃる方は、
教えてもいないのに子供が首をかしげることに、気づかれたこともあるのではないかと思います。

とと、最近は話が脱線しがちですね。
本日はマウスについて新しい知見が得られたのでハッピーになっていマウス。
“普通とは違う”変異個体を観察してこそ分かることも多いのです。


テーマ : マウス・ラット
ジャンル : ペット

北海道でビーチコーミング!

P4293812as.jpg
【小樽市の海岸にて】
北海道のビーチコーミング記です!

遠征の合間でビーチコーミングもやっていました。
ビーチコーミングは昼夜問わず出来るのが良いですね。

隙間時間にいくつか海岸を回ってきましたので、それを記事にしたいと思います。
まずはいきなり夜のコーミング!(笑)
ヘッドライトを装着して静かな浜辺を歩いてきました。

P4293811as.jpg
【色とりどりの巻貝】
キサゴ
Umbonium costatum

沢山落ちていたのはキサゴ。
北海道の固有種ではありませんけど、同じ種類でも色合いが様々で気に入りました(*´▽`*)

あと海岸をブラックライトでも照らしながら歩いていたところ、
なんとこの貝、蛍光することが分かったのです!

OI000038.jpg
【キサゴの長波紫外線蛍光】

赤く光る!
他にも黄緑色の蛍光が認められる部分もありました。

なんでも照らしてみるもんだね。


続きを読む

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

憧れの十勝石採集!~紅十勝は見つかるか!?~

P5044660as.jpg
【十勝川水系の一級河川 音更川(おとふけがわ)の河原にて】
十勝石拾いにチャレンジしてきました!

★まず十勝石とはなんぞや、という方に


十勝石とは要は黒曜石(Obsidian)の北海道名です。
北海道では十勝地方が黒曜石の産地として非常に有名であるため、
十勝石と呼ばれるようになったのだとか。


十勝川水系の河原であればどこでも見つかるくらいありふれた存在のようですね。
現在になっても地方名で定着している訳です。

黒曜石とは流紋岩質のマグマが急激に冷え固まることで出来る黒色天然ガラスです。
特殊な流紋岩として分類されています。

※黒曜石について興味がある方はぜひこちらの記事もご参照ください。
「神津島黒曜石紀行」
「高原山で黒曜石を探してみた!」


っとと、本題に戻りますが、
今回は十勝川水系の中でも高品位の十勝石が見つかるとされる音更川で黒曜石を探してきました。
実はたまたまこの川に辿り着いたということは内緒だっ

P5044643as.jpg
【十勝石①】

いざ河原に降り立つと数秒もかからず第一黒...じゃなかった十勝石を発見!

上流から流されてきた黒曜石は角が取れて丸っこく、また表面が細かい傷だらけのため白っぽく見えます。
見慣れていない方には見つけにくいこともあるようですが、
石の一部には鋭いガラス光沢が覗いているので、それを頼りに探すと良いでしょう。

この石を試しに割ってみますね!

P5044645as.jpg
【十勝石①断面】
パッカーン!

どうです?この色!この光沢!
不純物が少ない高品位の黒曜石でした。
これを矢じりやナイフに加工してみたら、実に切れ味が良さそうですよ。
※手を切らないように注意!

ちなみに十勝石(黒曜石)は結構簡単に割れます。
大きさにもよりますが、ハンマーで軽く叩くと大抵は割れますね。
不意に割れてしまわないよう、
持ち帰るときには新聞紙などに包むことをお勧めします。


続きを読む

テーマ : 天然石・パワーストーン、アクセサリー
ジャンル : 趣味・実用

うーん、艶々!



あっさりと脱皮

昨日、脱皮完了しました。
若干ボロボロに脱げてしまった脱皮殻でしたが、霧吹きするとすぐに剥がれ落ちてくれましたよ。
自慢のボディはツルツルのピカ!状態は悪くないと思います。

あとは餌さえ食べてくれればという感じですけど、
脱皮後に糞をしていないので与えても食べないでしょうね。
レッちゃんはまだやっぱりムチムチしているので、セルフダイエット継続の可能性もあります。

まぁ好きに食べてくださいな( `ー´)ノ

肝心の体重変化ですが、糞をしていないので仮測定です。

1758g(前回+14g)


糞をしたら20gくらい減るかな?
若干体重マイナスの予感。
また改めて計測したいと思います。


以下脱皮記録です。


続きを読む

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

タガメが飛んできた!



タガメ

Lethocerus deyrollei

昨夜、野球をしていたところナイター照明に導かれてか、
珍しくタガメが飛来してきました。

しかもちょうど私に突っ込んできたのです(笑)
ほら、野球のユニフォームパンツって白いですから、
ライトトラップでいう白幕みたいな働きをしていたのでしょう。

タガメには正の走行性(光に寄ってくる習性)があるので、
このように夜間に灯火採集することも可能なんです。

普段は水生昆虫を採集しない私ですが、
今回は縁を感じたので持ち帰って飼育してみることにしました。



とりあえずプラケに飼育環境を作ってみました。
餌は小金です。

しかし捕食体勢をとらないので、あまり食欲は無いご様子。
今はお腹がいっぱいなのかな。


続きを読む

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

早いなー!



眼の白濁も終わりかけ…

ってもう脱皮するの!?
前回の脱皮からちょうど1ヶ月が経ちましたけど、
GWという空白期間もあったため、50g程度しか餌を食べていないレッちゃんです。

気温が上がったから脱皮間隔も短くなってきたのかな。
そろそろおデブちゃんから卒業できそうな勢いを感じます。

触り心地も大分しっかりしてきましたからね。
しかし、まだちょっとはぷよぷよしております…笑


セルフダイエットはいつまで継続することやら。
飼い主より我慢強いぞ!(^o^;)

ガロアムシ続・近況



これ、もしかして食べてる?

前回(2か月半前)は消化管に内容物が無い無いと騒いでおりましたが、
採集時に比べるとお腹は明らかに膨れているんですよ。

食べないと萎みますよね、一般常識的に考えて。

果たしてガロアムシが常識の通じる相手かどうかは定かではありませんけれども(;^ω^)

この前、自宅にやって来たマニアックな友人に相談してみたのですが、
「腹が膨れているから良いんじゃない?」と鶴の一声がありました。
うん、そういうことにしよう!!(爆)

ちなみに前回から、

・冷凍アカミミズ 
・ミルワーム   
・イエコS     
・ザリガニの餌
・腐ったリンゴ
・レッドローチ
・ミミズ

などなどの餌を試してみましたが、
結局、消化管状態の変化は確認出来ませんでした。
実はワラジムシが未だに同居しているので、
餌が減っていてもガロアムシが食べているんだかワラジムシが食べているんだか…。
ワラジ幼虫を食べている可能性もあるので迂闊に隔離出来ないし…
これは難しいね。

消化管が脂肪に覆われたことで、そもそも内容物が見えなくなったという可能性も考えています。
じゃあ糞探せよって話なんですけど、床材が土なのでよく分からないのです(;_;)
いっそキッチンペーパーを床材にすれば糞を見つけやすくなるとは思いますが、
せっかく安定?している生体に環境変化ストレスを与えたくないし、悩みどころであります。


とりあえず飼育開始から早6ヵ月と26日が経過しました。

無事に長期飼育することはできるかTSK!!
挑戦は続く...


青いアメリカザリガニの脱皮とその後



脱皮しました!!

前回の記事

青いアメリカザリガニが脱皮していました。
って北海道遠征前の出来事だったんですけどね(^o^;)

思っていたより随分早く脱皮してくれましたこと。
心の準備が全く出来ていませんでしたよ~。

え、何の話かですって?




脱皮後の体色がどうなるのか…
青いままなのか、それとも赤くなるのか…

めっちゃ気になっていたんですよ。
私は生息地の状況から、この個体は色彩変異で脱皮後も青いままだと予想していました。

もし予想がハズレてたら恥ずかしい…(*ノ▽ノ)

結果を見るのに割と勇気が必要だったのは内緒です(笑)


古い殻を脱ぎ捨てたヤツ(青ザリ)は隠れ家の中に居ました。
意を決して引きずり出してみると……


その色は…






続きを読む

プロフィール

TSK

Author:TSK
生まれついての石好きですが、
学生時代に植物、爬虫類、両生類、昆虫への興味が開花

本ブログでは主にそれらの話題を書いていくのかも?

ボールパイソンの「レッちゃん(レッサー・♀)」「モーくん(ハイポモハべ・♂)」を飼っている他、
マウスの繁殖、オオクワガタのブリードにも手を出してます

その他趣味は野草料理に薫製!
ゲテ食いも大得意
離島・沖縄大好き人間であります

当ブログはリンクフリーです!
相互リンク希望はコメント下さいませ

※誤同定等ご教授頂けましたら幸いです

Youtubeチャンネル開設しました!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる