FC2ブログ

おかえり脱皮



富山遠征前には白濁していたモーくん

目ががっつり白濁している様子です。
これが遠征出発前の18日時点でのモーくん。
おそらく遠征中に脱皮するものと思われました。

そして予想通り……



帰ったらピッカピカに脱いでいた!!

個人的にこれを遠征おかえり脱皮と呼んでいます笑
恐らく、21日の夜から22日の夕方にかけて脱皮したものと思われますが……
うむ、これは22日ってことでいいかな。

モーくんの脱皮も久しぶりだなぁ。
4カ月ぶりくらい??と思っていましたが、なんと前回の脱皮記録を記事にし忘れているじゃねーか(;´Д`)
11月に脱皮していたはずなんですが、写真も撮っていないとは。
やばい!何日に脱皮したのか忘れてるよ~!
前回は測った体重は覚えているので、仕方ないので体重のみの参考記録としたいと思います。

えっと、前の脱皮後が1224gだったから......

1105g(前回-119g)

大分痩せてしまった(ノД`)・゜・。
もう春先だし、今季の繁殖は諦めて、大人しく給餌を再開することにします。
今週末には新鮮な冷凍餌が届くのだ。

お腹は減っていると思うので、食欲には期待ですね。

以下、脱皮記録です。



続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

ホタルイカ料理①



色々作ってみました!

にしてもホタルイカは下処理が大変ですね......(;´Д`)
甲(イカの骨、貝殻)と眼、トンビ(嘴)を除かないと食感が損なわれるので、
1杯ずつ丁寧に取り除いて行きました。

これが時間かかるかかる。
最初は不慣れだったので1杯30秒とか掛かりましたよ。
慣れると10秒~20秒でできるようになりましたが、それが100杯近くもあるんだもの。

クーラーいっぱいに取っている人とかって下処理しているんでしょうか。
沢山掬い過ぎないで正解でした。



取り除いた残骸たち。

これらは取らなくても食べれますが、
特に目玉と甲はそこそこ硬いので、美味しさを追求するなら取り除くのがおススメです。

そうして苦労した作った料理のお味ですが……



まずは鍋!!

というか本当はしゃぶしゃぶをやりたかったんですけど、
ホタルイカは寄生虫の関係でしっかり熱を通した方が良いので、とりあえずは鍋と言う形式に落ち着きました。

煮込んで行くとホタルイカの肝が溶けてきて、鍋が赤く染まってくるのですが、
いい具合に旨味が出ているみたいで、実に濃厚なスープになってくれます。
匂いもスゴイ!!

ポン酢で頂きましたが、もみじおろしを加えるのも良いですね。
ホタルイカがぷりっぷりジューシーなお鍋になりました。



続いて甘辛煮

これが美味いですね~!
もともと食味の強いホタルイカですが、煮詰めた砂糖の甘さ、醤油の塩辛さにも全然負けてない!

生姜のさっぱりビターな味わい、シャキシャキ食感とも相性◎。



そしてホタルイカのフライ!

酢味噌に並んで定番のメニューではないでしょうか?
プリプリに身が詰まったホタルイカは、カリカリの衣を纏うことで最高のお惣菜になりますよ。

いやぁ~!しかし食べ過ぎました笑
無理に食べ切らないで、明日の分も残しておこうっと。
胃もたれも心配ですしね(;'∀')

残りのホタルイカは冷凍処理が終わった1週間後にでも食べようかな。
ホタルイカ料理②に続く……(と思いますw)









テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

プチ湧き!ホタルイカ!!



昨晩はプチ湧きしました!

人気の漁港や海岸を避けて、マイナーポイントにて。
1時頃まで30分に1匹見るか見ないか程度でほとんど気配がなかったのですが、その後にプチ湧きが始まりました。
爆湧きとはいきませんでしたが、満足のいくまでホタルイカを掬うことができたので良かったです。

写真は外套膜を膨らませて防御態勢を取っているホタルイカ。
この状態はパンパンに張っていて結構硬いんですよね!
まぁ人間からしてみれば、突起が出来て持ち運びやすい形態とも言えますが……笑
ホタルイカがそれを知ることはないでしょう。



プチ湧きが始まると、常に視界にホタルイカが入ってきました。
ピーク時は5~6杯を一度に掬えるくらいの湧き加減でしたが、その時は掬うので夢中だったので、
落ち着いてからの写真撮影です(;・∀・)

多分、GoProの方では動画が撮れているハズ!!
まだ確認できていないのですが、綺麗に撮れているといいなぁ。



波と一緒にホタルイカが向かってくるので網を構えて迎え撃ちます笑

海岸に寄ってくるホタルイカは産卵後のメスが殆ど。
大抵は弱っているのですんなりと網に入ってくれますよ!



泳いでいる活きのいいホタルイカは赤色!
しかし水から出すと、途端に白くなっていくので面白いです。(トップ写真参考、同一個体です)

ちなみに、元気なホタルイカであれば水に入れると再び赤くなりますよ。



トータルで200~300は掬えたかな?
捕ったホタルイカたちをどんな料理で食べようか考えるだけでも楽しくなっちゃいますね。
ボイル、バター醤油炒めはまたやりたいし、しゃぶしゃぶや刺身も作ってみたいな!!

塩辛とかもできるのかな?
ちなみに富山の塩辛にはイカ墨が入っていまして、その名も「黒作り」と言う郷土料理です。
宿の食事で出てきたのですが、これがまた美味しかったんですよ。



初日と二日目には沖漬けも作っていました。
生きたホタルイカを漬けるとタレを吸い込んでくれるので、普通よりずっとよく身に味が染みてくれるのだとか!
ホタルイカさんサイドからすると中々えぐい料理ではありますが......笑



あ、ホタルイカには寄生虫(旋尾線虫)がいるので、無処理の生食は危険です。
沖漬けも冷凍庫で一週間くらい冷凍してから食べるのが無難みたい。

パックで小分けにして、冷凍庫にイン。
食べられるのは1週間後以降ですが、これが一番の楽しみだったりします(*´▽`*)


本当、無事に捕れてよかった~~~!!!


富山の恵みに感謝ですね。
皆さんもマナーを守って、レッツホタルイカ掬い!!

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

宇奈月温泉



トロッコ鉄道で有名な宇奈月!!

本日は宇奈月温泉に宿をとって、のんびりと過ごしています。
古き良き温泉地って感じの趣で良いですね✨

実は宇奈月は温泉の他にもトロッコ鉄道で有名です。

黒部ダムあたりまでトロッコに乗りながら、黒部峡谷の景観を楽しめるツアーは富山観光の目玉とも言えるのでは無いでしょうか。
私は紅葉シーズンに行ってみたいなぁ。



今は春先ですけど、峡谷の美しさは中々のものがあります。
これもう少し早く雪が積もってる時に行けたらヤバかっただろうなぁ!

白銀の峡谷もいつか見てみたいもんです。



この辺りには猿やカモシカがいるみたい。
樹の皮をお召し上がり中の個体に遭遇。

なんか良い表情しています笑



さて、ホタルイカですが、昨日はこんな感じでした。
体が冷えて撤退した後に爆湧きしたようで……。
チャンスタイムを逃さないためにはずっと見張ってるしかないのか……。

今夜は頑張ってみたいと思います。
目指すはクーラー満タン!!

ホタルイカ掬い!



ホタルイカ掬えました!

昨晩は猛烈な風と雨でしたが、なんとかホタルイカを捕ることができました。
一年越しの悲願達成です。良かった良かった!

一昨日の爆湧には遠く及びませんけど、トータル80杯は掬ったかな。
上写真は最後にすぐ食べるように捕ったホタルイカたちです。

時刻は深夜2時。
ここから始まるナイトクッキングとは!?



まずは海水茹で!
地元のおっちゃん曰く、捕りたてのホタルイカをこうして海水で茹でるのが、
一番美味しい食べ方らしい。

茹でると芳醇なイカの香りが漂ってきました。



ご覧の通りのプリっプリ!

今まで食べたことがあるどんなホタルイカよりも旨かった。
苦手意識がある人でも、こいつを食べれば変わってくるんじゃないかなぁ。



その後はバターで炒めてキモ和え醤油で頂く!
素晴らしい食味です。

今年のホタルイカは豊漁なので、安くて美味しいホタルイカを皆さんもぜひ食べてみてくださいね(^-^)/

今日も掬うぞー!


プロフィール

TSK

Author:TSK
生まれついての石好きですが、
学生時代に植物、爬虫類、両生類、昆虫への興味が開花

本ブログでは主にそれらの話題を書いていくのかも?

ボールパイソンの「レッちゃん(レッサー・♀)」「モーくん(ハイポモハべ・♂)」を飼っている他、
マウスの繁殖、オオクワガタのブリードにも手を出してます

その他趣味は野草料理に薫製!
ゲテ食いも大得意
離島・沖縄大好き人間であります

当ブログはリンクフリーです!
相互リンク希望はコメント下さいませ

※誤同定等ご教授頂けましたら幸いです

Youtubeチャンネル開設しました!

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
TSKの装備品
私が採集などに用いている装備です
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる