西表のチャイロマルバネクワガタ



チャイロマルバネクワガタ
Neolucanus insularis

石垣島、西表島に生息するマルバネクワガタ属(Neolucanus)のクワガタです。
国産クワガタの中でも一際異彩を放つ明るい体色!
実にエキゾチックなクワガタじゃありませんか?



この個体とは西表島のテドウ岳にて遭遇しました。

登山道沿いを歩いていたところ、急にマルバネの匂い(独特な匂いがします)がした!と思ったら、
近くの樹に張り付いていました。
普通は地表を歩いているもんだと思っていたのでびっくり。
案外簡単に見つかるな、と。

しかしその後は結構探しても見つからなかったので、やっぱり西表は厳しいみたい。
渓流沿いに多いということを事前に調べてりゃよかったかな。
遠征が終わってから後悔しました...。



石垣島での採集が禁じられてから早2年と半年。
今では西表島のみ採集可能ですけど、この状況もいつまで続くのやら。

そのため何とかブリードにこぎつけたかったのですが、残念ながら成果は♂1のみに終わってしまい……
ヤフオクでポチろうか悩み中です(笑)


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

悲願成就



マダラサソリ

国内に生息しているサソリ2種のうちのひとつ。
ずっと前から探していました。
かれこれ6年間にもなるかな…。

割と開けた山麓に生息しているため、森林性のヤエヤマサソリより見つけやすいはずなんですが、
基本的に原生林の中しか入らない私には縁がなかったのです( ̄▽ ̄;)

毎回遠征の度に探す時間を設けてはいたのですが鳴かず飛ばず。
脱皮殻だけは見つかるという残念な結果に終わっていました。

それが今回、何とか見つかってくれました!
すでに半分は西表島遠征に満足してる私です(笑)

いやカッコいい!惚れ惚れするフォルムだね。

しかもこの個体、お腹が大きいです。
子持ちワンチャンということでブリードにも期待できます!



アップ。
本当にカッコいいサソリだ。
日本種とは信じがたい…。

ああ、本当に良かったです(*^^*)
西表サイコー!!!




目付き



石垣島なう!

西表島に行く前に1日だけ石垣島を回っていました。
水晶採ったり、林道を流してみたり。

石垣島でレンタカーを借りるのは実に約5年ぶりかな?

割と風景が変わっている場所も多くて、新鮮な気持ちで回れましたよ。
ただ、雨が物凄く降ってた…。
なかなか思うように採集できなかったなぁ。

まぁ、おかげで夜の林道流しで多くの蛇と出会えたのでよしとしましょうか。

石垣島の林道流しで見つかる蛇の代表格が「サキシマハブ」と「サキシママダラ」の2種。

どちらも目付きがキツイ蛇なんですよね(笑)

サキシマハブ(上写真)は瞳孔が細長くて、キリッとした鋭さのある目付きなのですが…



サキシママダラ(上写真)は"キレてる"というか何を考えているか分からない系の怖さを感じる目付きなんですよ。
※個人の感想です

もちろん危ないのはサキシマハブの方で、サキシママダラは大人しい個体も多い種だったり…。
サキシママダラは餌食いも良いので蛇飼育の初心者にもオススメ出来るくらいです。

「人は見かけによらぬもの」なんて言いますけど、
国産蛇の中では、サキシママダラは見た目によらない蛇なのかなと思います。


つまり…

マダラちゃん好きだー!(笑)

久しぶりに出会えて良かったです。
でも明日は晴れてくれよな!


只見で観察したキノコたち(9月)


【ベニナギナタタケ】
癒しの森にてキノコ観察♪

珍しくキノコを観察するためだけに山に入りましたよ(笑)
キノコに関しては勉強をし始めたところなので、もっと色々な種類を観察してみたいな。

今回はナラ・ブナ林がある福島県只見町の「癒しの森」を歩いてきました。

早速見つけたのがベニナギナタタケ。赤くて細長くて奇妙な形のキノコで面白い。
入口近くのスギ林に群生していました。


【看板】

ブナ林の標高は600~650mほどだそう。
林道を進んでいると何人かの観光者とすれ違いました。
皆さん軽装で山歩きとは思えません。
何かあるのかな?

どうやらこの森には巨大なブナの大木があり、それが観光名所になっているようです。
よおし見に行こう!

続きを読む

テーマ : 自然観察
ジャンル : 写真

河原のカジカガエル



カジカガエル 
Buergeria buergeri

福島県只見町の山間の河原で本種と出会いました。
周りの砂の色に合わせて変色しているのか、見事なまでの溶け込み具合じゃないですか?
でも白い石に乗っていたらバレバレですけどね~。

カジカガエルは灰褐色の地味な体色ですけど、一応、アオガエル科だったりします。
きっとシュレーゲルやモリアオみたいに変色できるのでしょう。
ただし、残念ながら緑(アオ)にはなれないようですよ。



赤みがかった模様も上手くできています。
砂の上でじっとされたら、すぐには気づかないだろうな。

このタイプはあまり見かけないような体色ですけど、(私が見慣れないだけかも)
生息場所に上手く適応している感じがまた素晴らしいね。



繁殖期のオスは「フィフィフィフィフィ」と澄んだ美しい音で鳴きます。
牡鹿の鳴き声に似ていることから、かつては「河鹿(カジカ)」とも呼ばれていたのだとか。

また、江戸時代には「河鹿籠」という飼育容器も作られ、本種の鳴き声を楽しむ文化があったようです。
もしかすると虫売り(鈴虫などを売る業者)のように、「河鹿売り」という職業もあったりしたのでしょうかね?
私が江戸時代に生まれていたら、きっと買っていたはずです(笑)


本当に綺麗な鳴き声なので、もっと世に知られて欲しいな。


テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

TSK

Author:TSK
生まれついての石好きですが、
学生時代に植物、爬虫類、両生類、昆虫への興味が開花

本ブログでは主にそれらの話題を書いていくのかも?

ボールパイソンの「レッちゃん(レッサー・♀)」「モーくん(ハイポモハべ・♂)」を飼っている他、
マウスの繁殖、オオクワガタのブリードにも手を出してます

その他趣味は野草料理に薫製!
ゲテ食いも大得意
離島・沖縄大好き人間であります

当ブログはリンクフリーです!
相互リンク希望はコメント下さいませ

※誤同定等ご教授頂けましたら幸いです

Youtubeチャンネル開設しました!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる