東京国際ミネラル秋のフェア2017 戦利品など



秋のフェアに行ってきました!

ゆっくりとした朝を過ごして、お昼過ぎに会場に到着。
今回の会場はそんなに混んではいなかったかな?
6月にやっていた前回の混雑具合は正直やばかったですけど...(苦笑)

今回は鉱物を使った万華鏡作家さんと、ジュエリー作家さんの企画展示をやっていました。

本格的な、というか芸術作品としての万華鏡を初めて覗いてきた訳ですが、

何というか凄まじい...!


「万華鏡ってこんなに力強さがあるものだったのか!」
というのが第一印象でした。
光のバランス、像の安定感から来るものでしょうか。
兎に角、そこらの万華鏡とは一線を画していました。

明日、秋のフェアに訪問されるという方にはぜひ企画展示も見て頂きたいですね。

さらに1万円で本格的なオイル式万華鏡を作れるワークショップもやっているみたいです。
私もお金を下ろし忘れてなかったらやりたかったな。

※企画を見る前に財布がすっからかんになってました(笑)



値札が付いてるってことはこれも売ってるんですよね(;'∀')
奥の水瓶?は198万円也。

以前から私がローマングラスを購入している
「Afghan Brothers(アフガンブラザーズ)」(外部リンク)さんの出展でした。

ここまで来るともろにアンティーク(骨董品)。
ですが、こういうのも好きなんです。いつか手にしてみたいな~!



今回の戦利品です。
またもや鉱物なし!!(笑)

ケースやミネラルタックを補充、
そしてローマングラスを9点購入しました。

その中でも特に気に入っているものが……




続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 天然石・パワーストーン、アクセサリー
ジャンル : 趣味・実用

あれ!?



また青くなってきた!??

赤くなってしまった前回から約2か月が経ちましたが、今度は青くなってきました。
餌は変えていません。謎。
※ケースは大きいものに引っ越しました

なんでしょう?
そろそろ脱皮しそうな気もしますし、脱皮周期とも関係ある?



わ、威嚇された!
とりあえず元気です。

脱皮したら餌の種類を変えてみましょうかね。


伸び縮み



絶賛子育て中!

良い感じです。
今のところ2匹が出産して、それぞれの子供を一緒に育てています。

親の状態も悪くなく順調ですね♪
ただ、生まれてくる子供の数が世代を重ねるごとに少なくなっているようないないような。
データを取っている訳ではないのですが、導入初期の方が明らかに産仔数が多かったです。
初期は15匹前後だったものが、ここ数回は10匹前後くらいですね。

環境に合わせて産む数を調節しているのかも?
それか世代交代のどこかで、少なく産む遺伝子が残ったとかね。
マウスの産仔数は系統によるところが大きいとも聞きます。

気になるな~。



仰向けで体を丸めている子がいました。
何をしているのでしょう?



と思ってたら伸びた!
人間の赤ちゃんも似たようなことをしますよね。
そこで調べてみたところ、

丸まるのはウンチをするために力んでいたり、腸にたまったガスを抜いたり...
伸びるのは母乳を飲みすぎた胃を楽にしたり、げっぷをするためだったり...

といった目的があるそうです。

母乳をたくさん飲むと特にガスが溜まりやすくなるみたいですね。
マウスも似たようなものでしょう。

いっぱいお乳をもらっているみたいで良かったね(*'▽')
すくすく育てよ~!


テーマ : マウス・ラット
ジャンル : ペット

でかくなったなぁ



部屋の中を散歩中~♪

定期的にケージから出して運動させてやっています。
まぁ短時間のお散歩なのですが、
ダイエットと便秘予防、あとは体が大きくなるように願って...。

狭いケージに入れていると成長もケージに合わせたサイズに止まってしまうらしいのです。
外に出してやることで、より大きくなったりしないかな~。

でも随分と大きくなったね、レッちゃん。
小さな頭に太い胴体。実にパイソンらしい体つきになりました。※お腹に餌が結構入っています

このアングルで撮った写真が他になくて残念。
昔と比較してみたかったよ。



モーくんは脱皮してから餌を食べてくれません。
調子を出してくれるまで、気長に様子見ですね。

多分今週末あたりに食べてくれる気がする。



テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

天上沢鉱山に行ってきました


【鉱山への林道】
天上沢鉱山に行ってきました!

栃木県塩谷郡天上沢鉱山。
名前がカッコいいですよね。天上沢(てんじょうざわ)ですよ。
高原山の周辺にはこういった神仏に因んだ地名が多い気がします。

釈迦ヶ岳や大入道に小入道、明神岳、天上沢の近くにある尚仁(精進)沢であるとか...。

高原山は奈良時代より山岳信仰の対象とされてきたそうで、
付近の地名も神仏に関係する名前が多く付けられたのでしょうね。

さて、こちらの鉱山は花崗岩中に産する水晶で知られています。

大きな結晶に細かい水晶がびっしりと付いた珊瑚みたいなクラスターが特徴なんだとか。
まだ見つかるのでしょうか?

下草に覆われた林道を、鉱山跡を目指して進んで行きます。
しかし、こういう道ってワクワクするよね!(笑)


【案内板】

この案内板は平成21年に立てられていました。
あれ?案外新し目の林道みたいですね。ガードレールもしっかりしてますし。

それにしても8年そこらでこの荒れ様は中々凄まじい。
管理している人間が消えたら、その辺の道路だってすぐ緑に埋もれてしまうのでしょうな~。


続きを読む

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

只見のジャスパー(碧玉)


【福島県只見町産ジャスパー】
個人的にかなり魅力を感じます

只見でたまたま見つけたジャスパーですが、意外と気に入ってしまいました(笑)

実際に現地を訪れてみるまでは、只見の鉱物と言ったら某紫水晶のイメージだったのですが、
こちらも中々どうして素晴らしいじゃないですか。

私は今までその辺でジャスパーを見かけても手に取ることなんてほとんど無かったのに...
一体なんでだろう。

国産碧玉の有名どころと言ったら、

青森県津軽の「錦石」 (⇐ 中でもこれが好き)
新潟県佐渡の「赤玉」
島根県玉造の「玉造石」


などといった面々が思い浮かびますが、それらに匹敵し得る魅力を感じます。

調べてみると、只見産の碧玉は以前より知られていて、
黄色の模様が入ることが特徴なのだとか。
まぁ入ってないものもありますけどね。

上手く言えないけど好き。
そんな只見のジャスパーです。



このジャスパーは表面に細かい石英の結晶がちらちら輝いていました。
動画もどうぞ。


続きを読む

テーマ : 自然観察
ジャンル : 写真

只見で観察したキノコたち(9月)


【ベニナギナタタケ】
癒しの森にてキノコ観察♪

珍しくキノコを観察するためだけに山に入りましたよ(笑)
キノコに関しては勉強をし始めたところなので、もっと色々な種類を観察してみたいな。

今回はナラ・ブナ林がある福島県只見町の「癒しの森」を歩いてきました。

早速見つけたのがベニナギナタタケ。赤くて細長くて奇妙な形のキノコで面白い。
入口近くのスギ林に群生していました。


【看板】

ブナ林の標高は600~650mほどだそう。
林道を進んでいると何人かの観光者とすれ違いました。
皆さん軽装で山歩きとは思えません。
何かあるのかな?

どうやらこの森には巨大なブナの大木があり、それが観光名所になっているようです。
よおし見に行こう!

続きを読む

テーマ : 自然観察
ジャンル : 写真

TG-4復活!レンズの曇りが取れました!



水没、そして浸水してしまったTG-4……

川の中でズッコケてしまい、TG-4ごとびしょ濡れになってしまいました。
しかもカメラの内部に浸水したせいか、レンズが曇ってきたという...。

最終的にはご覧の有様です。



こちらはまだ曇りが少なかった時の写真。
もちろん周囲が霧に覆われている訳ではありませんよ(;^ω^)

こりゃあかん。

普通に放置していても一向に改善する気配が無かったので、
乾燥剤を使ってみることにしました。



我が家の最強戦力「ドライフラワー用シリカゲル」!


防水蓋を全開!
乾燥で劣化してしまうので電池を取り出しておきます。
このまま乾燥剤の袋の中に入れてみました。


そして一日後...


続きを読む

テーマ : デジカメ
ジャンル : 写真

蛍鉱山で採集!① 蛍石、針水晶など


【例の案内】
福島県の蛍鉱山に行ってきました!

その名の通り、蛍石を採掘していた鉱山です。

蛍石は古来より製鉄時に融剤として用いられていました。
蛍鉱山が稼働していたのは昭和初期だったので、
こちらの蛍石はアルミニウムの精錬にも用いられていたのだと思います。

当時は7年間の稼働で計800t近くの蛍石を採掘したそうですが、
より高品位な海外産(朝鮮、満州、志那など)の蛍石を輸入できるようになると、
次第に国産蛍石の需要が減少していったためか、本鉱山も閉山への道を辿ったようです。

※コメント欄にて補足を頂けましたが、ボーキサイトの輸入停止が閉山の要因になったとのことでした。

そしてご存じの通り、現在では世界の蛍石供給の半数以上を中国が占めています。
ヤオガンシャン産の蛍石とか、コレクターの皆さんには有名ですよね。

...って話が逸れ気味になりましたけど、
今回の私の目的も本鉱山の「蛍石」。

「よおし!早速探すぞ!」
と思う前に立ち塞がるのは入山禁止の文字……。

そう、蛍鉱山は“基本的には”採集禁止のポイントなのでした


【例の案内②】

ただし、紐に括りつけられた紙を見てみると、

----------------------------------

・「当地区内の私有地に入山する場合は森林保護協力費として、
当日のみ1人2000円、シーズン1人5000円を頂きます」

・「私有地森林保護協力費は、直売所で取り扱っています。
入山前にお支払い下さい」

----------------------------------

との文言が!
つまりはお金を支払えば採集可能という訳!

まずは集落の中にある直売所へと向かいました。


続きを読む

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

河原のカジカガエル



カジカガエル 
Buergeria buergeri

福島県只見町の山間の河原で本種と出会いました。
周りの砂の色に合わせて変色しているのか、見事なまでの溶け込み具合じゃないですか?
でも白い石に乗っていたらバレバレですけどね~。

カジカガエルは灰褐色の地味な体色ですけど、一応、アオガエル科だったりします。
きっとシュレーゲルやモリアオみたいに変色できるのでしょう。
ただし、残念ながら緑(アオ)にはなれないようですよ。



赤みがかった模様も上手くできています。
砂の上でじっとされたら、すぐには気づかないだろうな。

このタイプはあまり見かけないような体色ですけど、(私が見慣れないだけかも)
生息場所に上手く適応している感じがまた素晴らしいね。



繁殖期のオスは「フィフィフィフィフィ」と澄んだ美しい音で鳴きます。
牡鹿の鳴き声に似ていることから、かつては「河鹿(カジカ)」とも呼ばれていたのだとか。

また、江戸時代には「河鹿籠」という飼育容器も作られ、本種の鳴き声を楽しむ文化があったようです。
もしかすると虫売り(鈴虫などを売る業者)のように、「河鹿売り」という職業もあったりしたのでしょうかね?
私が江戸時代に生まれていたら、きっと買っていたはずです(笑)


本当に綺麗な鳴き声なので、もっと世に知られて欲しいな。


テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

TSK

Author:TSK
生まれついての石好きですが、
学生時代に植物、爬虫類、両生類、昆虫への興味が開花

本ブログでは主にそれらの話題を書いていくのかも?

ボールパイソンの「レッちゃん(レッサー・♀)」「モーくん(ハイポモハべ・♂)」を飼っている他、
マウスの繁殖、オオクワガタのブリードにも手を出してます

その他趣味は野草料理に薫製!
ゲテ食いも大得意
離島・沖縄大好き人間であります

当ブログはリンクフリーです!
相互リンク希望はコメント下さいませ

※誤同定等ご教授頂けましたら幸いです

Youtubeチャンネル開設しました!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる