FC2ブログ

食った!!



半年以上ぶりの飯はうまいか

モーくんがやっと食べてくれました!

この一週間はかなり気温も上がってくれたので、
そろそろかなぁと思っていたところだったんですよ!

何はともあれこれで一安心ですね。
また体重を伸ばしてもらいましょう。そして繁殖へ……!

しかし、久しぶりの食事にも関わらず、食べ方をしっかり覚えていたモーくんはえらい。
レッちゃんは久しぶり過ぎてミスってましたからね(;'∀')
って、それはもともと食べ方が下手なだけかも(笑)



いつの間にか2週間前になっていた台湾遠征。

今日はこんな本が届きました。
初めての台湾ですし、観光もしっかり楽しみたいと思います(*´▽`*)

さぁ準備を進めるぞ~~!

スポンサーサイト



テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

チバニアンの件

色んな人に知って貰いたいです

皆さんは「チバニアン」のことをご存知でしょうか?
妖怪ウォッチのキャラクターじゃないよ(それはジバニャン)

チバニアンはラテン語で「千葉時代」という意味。
現在、中期更新世の地質時代を表す新名称として最有力候補になっているものです。


地質時代と言うのは古生物好きの皆さんはもちろんご存知「カンブリア紀」だとか「ジュラ紀」だとか、
地球史において地質や生物相によって地質学的に区分できる年代を表す言葉ですよね。
その地質時代の名称として、初めて日本の地名、まさかの千葉が採用されるかされないかという瀬戸際にあるんです!!
正式に決定すれば、日本の地質学史上類を見ない快挙となることは間違いないでしょう。

チバニアンが正式に採用されるためには、養老川の上流、千葉県市原市田淵にある地層(千葉セクション)が
国際標準模式地(GSSP)に認定される必要があります。
審査は全部で4段階。
2017年の1次審査では競合のイタリアの候補地を破り、2018年には2次審査も通過して、
「チバニアン」採用はほぼ確実かと思われていました。

しかし現在、チバニアンに暗雲が立ち込めています……。


今年の9月に予定されている3次審査は、
国内外の研究者が試料の採取等の研究活動を正当に行えるかどうかチェックするものらしいのですが、
どうやら妨害工作を行っている者がいるそうです。


チバニアン申請に反対している茨城大の名誉教授 楡井久(ニレイ ヒサシ)氏が、土地の賃借権を取得したんだと。
この楡井氏が研究者を締め出してしまえば、当然チバニアンは審査を通過することが不可能になります。
ええ……、どうしてこんなことになっちゃったの??


楡井氏の主張としては「チバニアンのデータは捏造」と言うことで、反対活動を行っているようです。
が、きちんと反証はなされており、氏としては逆に捏造とする根拠を示すべき状況ではあるのですが……。


このような盤外戦術を用いている時点でね~(;・∀・)
仮に捏造の証拠を握っているのであれば、何故嫌がらせに徹する??
そういうことでしょうよ。

私もネットの情報を鵜呑みにする訳じゃあありませんが、
どうも楡井氏も元々は推進派で、今回チバニアンを申請した茨城大の研究グループにも所属していたとの話。
今はグループから外れているようですが、仲違いしたか何かで追い出された??
それから一転して反対派として活動しているようです。

総合的に見て、楡井氏の個人的な私怨が多分に絡んでいるように思えてなりません。
つまり、チバニアンは日本初の快挙となるはずが、
一人の人間の醜い感情のせいでご破算になる寸前まで行っているということ。

日本の科学者には派閥があったり、権力争いがあったり…
まぁこれらは科学者にも日本にも限った話ではないでしょうけど、
本当は素晴らしい成果が得られたはずのものが、下らないいざこざで幾度となく潰されてきたことは、
日本国民であれば誰もがよく知っていることだと思います。

そんな歴史をこれからも繰り返し続けるのか。

今回の一件の行方は地質学分野だけではなく、
この国の科学の在り方を問うものになるでしょう。

少しでも興味を持って頂けましたら幸いです。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

新しい椅子よ~~


【Qualz ローテートチェア】
キャンプや釣り、自宅用に…(笑)

椅子の無い我が家でしたが、
カーペットに座っていると腰痛が悪化することが発覚したため、
ついに導入を決意しました。

とは言っても本格的な椅子を置くスペースは無いし、テーブルはコタツなので位置が低いし…

そうだ!
キャンプ用のチェアを使おう!となった訳です。

アウトドアショップで一番座り心地が良かった本製品をチョイス。
クオルツってWild-1のPBなんですね。
組み立てる前はかなりコンパクトなので、釣りにも持って行きやすいかな?



組み立ては説明書がないくらい楽ちんでした。
カラーはグレーと書いてあるけど、実物はグリーン寄りだよね(笑)

インテリア的にもそんなに違和感のないカラーで嬉しいです。



横から。
非常にシンプルな構造。

しかし耐荷重は80㎏なので、大柄な人には向かないでしょうね。

これで腰痛が落ち着いてくれることを願います…・…(;'∀')




↑リンクは別のチェアですけど、こちらは耐荷重150㎏まで対応していますよ!

去らば我がサンダルよ



よくぞここまで……

大学生の頃から履いていたサンダルですが、
ついに限界(?)を迎えたので、履き替えることにしました。


普段履きから軽登山、翡翠拾いなどなどで活躍してくれたサンダルは、
いつの間にかボッロボロになっていましたよ(笑)

改めて見るとこれは酷い……。
表面は劣化&擦り切れていて、紐はブツ切れ。
自分もよくここまで履いたなって感じです(;'∀')

思い返せば、
買ったばかりの頃は足に出っ張りが当たって皮膚が擦り切れたりもしたものですが、
履き続ける内にその部分がすり減ったのか、実に足に馴染むようになっていました。

私の根気勝ちですね(笑)

しかし今回は「実はまだまだ履けるんじゃないか?」とも思っていたのですが、
その無残な姿を見て私の方が折れてしまい、流石に休ませてやろうと決めた訳です。

本当、良いサンダルでしたよ。
今までお疲れ&有り難う!!



んでもって、こちらがおニューのサンダルです。

見た目からして頑丈そうだなと……(笑)
きっとこのサンダルも5~6年は活躍してくれることでしょう!

がっつり使い込むけど、これからよろしくな!( `ー´)ノ


ようやく完食!



土曜日の釣果を完全消化!(笑)

一つテンヤ真鯛で釣った魚たちをようやく食べきることが出来ました。
4日間も魚料理を楽しめる程の釣果は久しぶりでしたよ。

初めて食べる魚も多く、未知の味覚に舌も大満足です(*´▽`*)

こちらは沖メバルとカサゴ。
シンプルに焼き魚にしてみました。



はい、出来上がり!
うちのキッチンには魚焼きグリルはありませんけど、魚焼き網が活躍してくれます。
掃除がちょいと手間ですが……(;・∀・)

カサゴはマジで美味いですよね。
ふっくらした身は塩気とよく絡んで、白身ながらも芳醇な味わいです。

沖メバルは初実食でしたが、
焼くと弾力のある肉質で食べ応えがありました。
ただ、焼き魚がベストな調理法ではない気がするので、次回は別の料理を試してみたいところかな。



鯛刺しの炙りをポン酢で!
この食べ方の完成度は高いですよ!

焼き目が付いた皮とほんのり火の通った部分が香ばしく、
ポン酢と薬味のネギによって鯛の味が引き出されるようです。

右はクロソイのお刺身。
感動した。これはマジで美味かった。

個人的にはとろけるような脂の乗った刺身が好きなんですけど、
根魚系の肉感溢れる刺身の中では最高に美味い部類だと思いました。
旨味爆発って感じ!(謎)



最後はアイナメの煮付けです。

この魚も煮つけがよく合いますね!
胃袋と肝も入れてみましたが、クロソイのそれとも違った味わいがあり楽しめました。

ここ数日は会議の資料作りが続いていて、私もちょっと疲れ気味だったですが、
美味しい魚を食べてリフレッシュできた気がします。

さて、今週の仕事も残り2日!
頑張るか~~。




テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

クロソイの煮付け♪



クロソイを捌いていくっ!!

って訳でね。(某Youtuberの真似)
クロソイの煮付けを作っていきたいと思います。

こんな立派なクロソイは初めて見ましたよ。
お腹もパンパンで、明らかに産卵前のメス!!!

この時点でめちゃくちゃ美味そうであります(*´▽`*)



大きすぎるので半身はお刺身に。
残りのアラ、半身、胃袋、肝、卵巣を煮付けることにしました。

鱗を取っている時点で、包丁に当たる柔らかい肉質に気づき涎が出てきたTSK。
まさか触れただけで美味しいと感じる魚がいるとは。
鱗も取りやすくて、こいつは人に食べられるために産まれてきた魚なんじゃないかと思わされる程でした(笑)



煮付け中~~!!

煮付けってお手軽に作れる良い料理だよね。



はい!完成です!(^^)/

めっちゃボリューミー!!
何とか完食できましたが、結構な量になりました。

このサイズの魚は数人でシェアして食べるべきですね(;・∀・)



白身はほっくほくで、煮付けの甘辛い味と実にマッチします。
ざ・高級魚って感じ!

胃袋はまさかのシャキシャキ食感でした。
噛むと「シャキッ、シャキッ」と音がしますよ。不思議~~!

肝はなんと牛レバーと同じ味がしました。
こんな肝を持つ魚がいるのか!意外の連続です。

卵巣は素直に美味しいですね。よく味が染みてくれます。
逆に癖もなくスッと食べれ過ぎるので、尿酸値が気になる方は食べ過ぎに注意かも...(笑)

全部美味しく、面白く頂くことが出来ました。

「北海道の真鯛」とも言われるクロソイ。
テンヤ真鯛で釣れて嬉しい魚種の一つですね♪



テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

日立沖で一つテンヤ真鯛!


【大貫丸】
行ってきましたテンヤ真鯛!!

昨日は仕事帰りが10時半を過ぎていたのですが、
それから準備をして、ようやく0時を回った頃に日立へ向かって出発。

うーん、かなりハードなスタートじゃないか?(笑)

そして午前2時に現地着。
船の近くの駐車場を確保した後、
2時間半だけ仮眠を取って、早朝5時の受付に備えることに。
別に必要以上に早起きする必要はないんですけどね。

こちらの船宿は電話予約順で釣座が決まるのですが、
今回は乗船1週間前に連絡すると、すでに1隻が埋まっていて、
もう1隻も胴の間しか空いていませんでした。
すなわち、いくら早く現着しても釣座が変わる訳でもなし。

しかし、大貫丸って人気ですよね。
前に行こうと思ったときは4日前には予約いっぱいでしたし(;・∀・)
早めの予約が吉ですね。



いよいよ出船。
ウミウがテトラの上で見送ってくれました。

おっしゃ釣るぞ~!!



こちらが一つテンヤの仕掛けです。

おお~本当にエビを使うんだ!
テンヤは「エビで鯛を釣る」という諺の語源になった漁法なんだとか。

私はテンヤ初心者なのでとりあえず固定式から始めてみます。
水深は20m。テンヤは6号からスタートです。

流石は餌釣りだけあって、すぐに続々と釣果の報が上がってきました。
サバ、ホウボウ、マダイ……
が、胴の間は中々釣れて来ない( ;∀;)


思い切って、用意していたワームをメイン針に付けて底を探っていくと……


続きを読む

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

シャキッといこう!



土曜はテンヤ真鯛釣りの予定です

茨城と言ったらテンヤ真鯛?初めての挑戦ですよ。
栃木には海が無いので、近くの茨城県はぜひ開拓していきたいところです。

GWの遠征でも、ちょい投げでたまたま小さな真鯛が釣れましたが、その美味しかったこと。
真鯛は小さい個体の方が美味しいらしいのですが、
もっとボリュームある個体も味わってみたい!



タイトル回収。

餌のエビをシャキッとさせると釣果も良くなるそうです(笑)
他にワームも買ってみました。

いつもの如く専用竿は持っていないので、決まったやり方だけでなく、
色々と試してみたいところです。

……これで真鯛が釣れなかったら、茨城の船宿は3連敗になってしまうので頑張ります(;・∀・)





テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

これまた長かった



前回脱皮から180日間!?

脱皮しないなぁしないなぁ、と思っていたモーくん。
まさか半年が経っていようとは……。


それでも今回、実に健康的な一本脱ぎを披露してくれました。
うーむ、蛇の生命力には驚かされるばかりですよ。



体重の方はと言うと、

1076g(前回-174g)

これまた半年食べていなくても、この程度の減少で済んでいると言うのが凄いです。
どんだけエコなんだろう。
私が半年食べなかったら体重は10分の1くらいになっている気がします。




死んでるわ!(笑)


レッちゃんの方は無事に拒食から抜けたようなので、モーくんもそろそろ食べてくれないかな??
とりあえずは体重を戻してやらんとね。


続きを読む

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

浅草石フリマ2019!



さらに規模が拡大している気がする
昨年の記事はこちら

開場5分前の様子。
ちなみにこちらは1階ですが、石フリマの会場は5階ですよ(笑)

いやぁ~凄いっす。
これだけの行列は他の展示即売会でもそうそう見ないんじゃないかな。
先行入場特典もないのに!

パッと見、他のイベントに比べて若者が多いのは、
SNSを介しての集客力がある石フリマならではの特徴でしょうね。
とても現代的なイベントの在り方だと思います。



で、こちらが会場内です。

宝石の国ブームがあった2018年と遜色ない、というかブース自体が増えているので、
昨年以上の混雑具合なのでは!?

人気ブースはもぉ渋滞ですよ。
私も気になる石がいくつかあったので、弾き飛ばされないよう必死になって並んでいました(笑)
そして目の前で持っていかれるというね。そういう悲劇も起こる訳です……。
そりゃ朝早くから開場前に並ぶわな~。

さて、主な戦利品ですが、




恒例?のローマングラス!!
マニア放出品には、やはり良いものがありますね(*´▽`*)

出展の方に聞くところによると、
こちらは大本のローマングラスから良い部分を選んで加工したものなんだそう。

なるほど!
だから欠片全体の雰囲気にまとまりがあって、より綺麗に見えるのか!
センスの賜物やなぁ。勉強になります。



稲倉石の菱マン!!
いつか自分でも挑戦したい産地ですが、
あまりに安かったのでつい……(^_-)-☆



フォロワーさんのところではアゲートを購入しました。
こちらはおまけで頂いたものですが、自然の造形美の素晴らしさが伝わってきます。

瑪瑙も良いねぇ。



レピドクロサイトinクオーツ。

鱗鉄鉱(レピドクロサイト)をインクルージョンした水晶です。
そんなに珍しいものじゃありませんけど、前から欲しかったんですよね。

こちらは念が通じたのか、前の人が棚に戻してくれたので好みの個体をゲットできました( ̄ー ̄)
やったぜ。

他に色々と購入したのですが、とりあえずはこの辺で!

今年は初の年2回開催となり、なんと12月にも浅草で石フリマが予定されています。
仕事が入らなければ行きたいなぁ。





プロフィール

TSK

Author:TSK
生まれついての石好きですが、
学生時代に植物、爬虫類、両生類、昆虫への興味が開花

本ブログでは主にそれらの話題を書いていくのかも?

ボールパイソンの「レッちゃん(レッサー・♀)」「モーくん(ハイポモハべ・♂)」を飼っている他、
マウスの繁殖、オオクワガタのブリードにも手を出してます

その他趣味は野草料理に薫製!
ゲテ食いも大得意
離島・沖縄大好き人間であります

当ブログはリンクフリーです!
相互リンク希望はコメント下さいませ

※誤同定等ご教授頂けましたら幸いです

Youtubeチャンネル開設しました!

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング
TSKの装備品
私が採集などに用いている装備です
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる